これからの方
透析技術認定士資格取得のための専用ページ
  • 認定資格のための講習会、試験、お申し込みに関する情報とサービス
■Topics
  • 「第37回透析技術認定士認定講習会及び認定試験」について
    ♦お知らせ版はこちら(PDF)

    第 37 回認定試験日が決定いたしました。New
    【認定試験の日程・会場】

    日程:平成28年5月15日(日)
    会場:東京工科大学 蒲田キャンパス 東京都大田区西蒲田5-23-22
    ※試験会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。

    【講習会受講免除者希望者用】

    ※ダウンロード可能期間   平成27年10月1日(木)10:00~平成27年10月30日(金)17:00をもって終了いたしました。
    ※申請書類受付期間    ダウンロード開始日~平成27年11月6日(金)をもって終了いたしました。

    【講習会受講希望者用】

    ※申請書類受付期間   平成27年10月1日(木)9:00~ 10月30日(金)17:00をもって終了いたしました。
    注意:申請書類のダウンロードは平成27年8月3日(月)10:00~9月18日(金)17:00をもって終了いたしました。
現在有資格者の方
透析技術認定士専用ページ
  • 透析技術認定士の皆様の登録情報の確認/修正、資格更新サポート等

■Topics

    第32回 透析技術認定士【認定更新申請】のご案内New


    平成28年度が認定更新年となる対象者
    第32回透析技術認定士
    (認定証有効期間:平成23年10月1日~平成28年9月30日)

  1. 認定の更新について

    ◆透析技術認定士が認定の更新にあたって満たすべき要件◆
    認定証有効期間内に、透析技術認定士認定更新基準に記された各学会、講習会等への出席及び発表などによって総得点50点以上を取得すること。
    必須要件として、当委員会の母体学会学術集会(日本腎臓学会・日本泌尿器科学会・日本人工臓器学会・日本移植学会・日本透析医学会)に1回以上出席していること。

    *取得点数が50点以上あっても、超過した点数を次回の更新に持ち越すことはできません。

  2. 認定更新の方法・スケジュール
    認定更新申請書類
    ダウンロード期間
    平成28年4月1日(金)10:00~9月30日(金)17:00
    マイページからの作成、印刷になります。
    マイページの登録情報を確認後、更新申請に必要な書類を作成して、
    合同専門委員会に提出してください。
    次
     
    認定更新申請受付期間
    (審査期間)
    平成28年4月1日(金)~9月30日(金)消印有効
    *提出方法は「特定記録郵便」による郵送のみです。
    *書類に不備があった場合は個別に照会いたします。
    次
     
    更新後の認定証の交付
    (認定更新バッジの交付含む)
    平成28年10月下旬頃を予定しています。
    *更新後の認定証有効期間:
     平成28年10月1日~平成33年9月30日(5年間)
    *認定番号は更新後も変更はありません。

    注意: 受付期間内に更新手続きをしない場合は、認定証の有効期間の最終日(平成28年9月30日)をもって、透析技術認定士の資格は失効となります。何らかの事情で受付期間内に更新手続きができない場合は、同期間内に事務局まで必ずご連絡ください。


  3. 更新申請に必要な書類および作成上の留意点について
    (1)マイページから印刷する書類について
     ①透析技術認定士 認定更新申請書(A4縦サイズ/1枚)   
    マイページのデータが反映し、印刷されます。
    一番下の申請日を記入し、氏名欄は自筆で署名し捺印してください。
    裏面に更新手数料振込み控え(コピー可)を貼付してください。

     ②点数取得申告書(A4縦サイズ/3枚)
    氏名、認定番号を含めて、全て自筆で記入してください。
    該当区分欄に出席等された学会、講習会名、点数等の必要事項を記入してください。

     ③申請書類を送付するための宛名用紙(A4縦サイズ/1枚)
    マイページのデータが反映し、印刷されます。
    右下の同封書類チェック欄は必ず確認してください。
    お手持ちの角形2号封筒に貼り付けてください。郵便局の窓口で「特定記録郵便」としてお送りください。

    (2)ご自分で用意する書類について
     ④透析技術認定士認定証のコピー
    認定証はB4サイズですが、A4サイズに縮小コピーして添付してください。
    認定証と現在の氏名が異なる場合は、変更内容がわかる「戸籍抄本(原本)」を併せて提出してください。
    認定証を紛失した場合は、紛失した旨のメモと身分が証明できるもの(運転免許証等)のコピーを提出してください。

     ⑤(1)の「②点数取得申告書」に記載した事項を証明する書類
    取得した点数を証明する書類のコピー
    コピーはA4サイズとし、右上に「②点数取得申告書」の〔添付書類番号〕を記載してください。

    【証明する書類】
    出席した学会・講習会の名称や開催日が明記された修了証書、参加証、受講証、領収書等が必要です。
    論文発表をした場合は表紙と目次、論文コピーが必要となります。

  4. 更新手数料について
    更新手数料 3,500円
    更新手数料はATM(現金自動預払機)から振込んでください。
    振込み後はATMの利用明細(コピー可)など、控えが必要となりますので紛失しないようにしてください。なお、振込手数料はご負担ください。
    振込み後の控え(コピー可)は「①透析技術認定士 認定更新申請書」の裏面に貼り付けてください。
    原則として領収証の発行はいたしませんのでご了承ください。
    振込みの際は、氏名の前に認定番号を入力してください。認定番号と氏名の間は1マス空けてください。

    《更新手数料払込先(ゆうちょ銀行振替口座)》

    口座番号 00110-5-466099

    口座名称 透析療法合同専門委員会
    (トウセキリョウホウゴウドウセンモンイインカイ)


    ※他の金融機関から振込む場合の口座情報は次のとおりです。
    銀行名 ゆうちょ銀行
    金融機関コード 9900
    店番 019
    店名(カナ) 〇一九店(ゼロイチキュウ店)
    預金種目 当座
    口座番号 0466099
    カナ氏名(受取人名) トウセキリョウホウゴウドウセンモンイインカイ


  5. 問合せ及び申込み先
    透析療法合同専門委員会事務局
    〒113-0033  東京都文京区本郷3-42-6 NKDビル7F
    公益財団法人 医療機器センター内
    TEL 03-3813-8701 FAX 03-3813-8733
    ※電話での問合せ受付時間は、祝祭日を除いた月曜から金曜の午前10時~12時及び
    午後1時~5時です。


    「平成28年度認定更新のための講習会開催概要」と「お申込みサイト」New


透析療法合同専門委員会の主催する、平成28年度『認定更新のための講習会』は次ぎのとおりです。
受講対象者が限られておりますのでご注意ください。
注意:更新の講習会は今回が最後となります。受講されない場合、透析技術認定士の資格は失効となります。

1. 経過措置対象の認定士用『平成28年度 認定更新のための講習会』 開催概要

    受講対象者 第1回(昭和55年)から第31回(平成22年)の認定試験に合格し、認定登録されている方
    *認定証に有効期限の記載がない方
    講習会の実施方法 会場での講習会のみ(東京及び大阪)
    受講申込み方法 お申込みサイトからの受付のみとなります。※申込み方法が新しくなりました。New


2. 『平成28年度 認定更新のための講習会e-ラーニング』

    受講対象者 ①第32回(平成23年)の認定試験に合格し、認定登録されている方
    ②第33回(平成24年)の認定試験に合格し、認定登録されている方
     および平成24年度に更新のための講習会を受講し、更新認定された方
    講習会の実施方法 e-ラーニングのみ
    受講申込み方法 お申込みサイトからの受付のみとなります。
    認定更新のお手続きについて ①の認定士の方:平成28年4月〜9月
    ②の認定士の方:平成29年4月〜9月(予定)


3. 今後の認定士用『認定更新のための講習会 e―ラーニング』(第34回以降)New

    講習会について 透析療法合同専門委員会が主催する「認定更新用の講習会」は、各学会、講習会への出席等が困難な認定士に実施するもので、認定証の有効期限最終年と前年の
    計2年が受講可能となりますが、全ての方が受講できるとは限りません。
    申し込みが定員に達した場合は、受付期間内であっても受付を終了いたしますので予めご承知おきください。
    講習会の実施方法 e-ラーニングのみ
    受講申込み方法 お申込みサイトからの受付のみとなります。
    受講料 12,000円
    その他
    1. 取得点数は30点です。なお、受講後のセルフトレーニングテストに合格すると10点が加算されます。(セルフトレーニングテストは希望者のみで必須ではありません。)
    2. e-ラーニングの受講にはインターネット利用環境およびメールアドレスが必須です。
    3. e―ラーニングの全過程を受講した方には、受講証明書を発行します。
    ※詳細等につきましては、決まり次第ホームページに掲載いたします。



透析技術認定士の認定を更新された方には、認定更新バッジが交付されます。
*認定更新バッジ見本画像はこちら

「認定更新制度」についてNew

登録情報の確認/修正(ログイン方法が変更になりました)

認定証の再発行等に関する手続きについて

*第1回~第36回 認定試験実施状況

透析療法合同専門委員会
Index
MDSI
Jaame Search
  ID  
  Password
  ご利用は有料となります。JAAME情報提供のご案内をご覧ください。
Jaame Search